超一流が、超一流を上回ったときだけ、点が生まれた。紙一重の勝負だった。
そして、そこに入った新たな一人。