ビルバオ戦の最悪の状態をそのままに入り、案の定最悪の試合を展開。

サイドに振られてスライドするだけでがら空きになるバイタルエリアは、マドリーの首を締め付けました。
モドリッチが復帰し、彼のインテリジェンスが戻り、ようやくチームは落ち着きましたが、フンテラールのゴラッソで最後は薄氷。

モドリッチの明らかに別次元のクオリティ、コエントランの奮闘など、今後に向けてポジティブな面もありましたが、まだまだどたばたしそう。
ただ、モドリッチ投入後は皆がのびのびとかつての状態を懐かしむようにプレーしていたので、次節以降これが見たいです。