試合の感想を一言で言えば、集中力。
基本的にはずっと苦しい時間帯だったわけですが、バイエルンの攻撃をまともに受けても集中力と個人の能力で凌ぎ切りました。
本当に選手たちの気持ちの伝わる、心が動かされる素晴らしい試合でした。

カシージャスのビッグセーブ、2年前ひとつのミスに泣いて戦犯と言われたものの、同じロッベン相手に喰らいついたコエントラン、前半のロッベンのシュート、後半最後のシーンなど何度もギャップを最後に体でブロックし続けたアロンソの集中と読み、こんな試合展開でもテクニックと気持ちで踊ったモドリッチは、100点以上の試合でした。