guti

いやぁ、完全な勝ちゲームではなかったけれど、勝てた試合でしたね。

バルサはコパ・デル・レイでうまくいった3-4-3システムを採用していましたが、MFにサイドを本職とする選手のいない、5バックにならない
システムを採用。

対して、マドリーはグティが中央に入った事にともない、イグアインを左で起用。
左で起用しなければならない事、前回のクラシコでロビーニョが良かった事を差し引いてもイグアインをスタメンで起用することを見ても、カペッロはかなりイグアインを買っている様ですね。

前半は、バルサの3バックとMFの間のスペースが随分あり、これをマルケスが補いきれず、グティが好きなように出来てしまうのでした。プレスが全然かかってなかった。

また、オレゲールがサイドをカバーしきれなかった事で、サイド、中央ともにマドリーにうまく使われていました。結果としてオレゲールはタルヘタロハ。

バルサのアタック陣なんですけど、メッシは末恐ろしかったものの、ロナウジーニョはよくも悪くもなくな出来で、エトーは未だコンディションが100%でないように見えました。
反転してシュートしたときにに力を伝えきれなかったのを見ると、まだ下半身の筋力が戻ってないのではないのでしょうか。

でもそれ以上に、慣れぬシステムを採用したせいか中盤からの前線への飛び出しがなくなってしまい、サイドプレーヤーの排除によってサイドアタックも消えてしまったことが大きいように思いました。


そんなわけで、前半からオープンな展開に。

後半、バルサはシウヴィーニョを投入。
これにより、ディフェンス時は3バックっぽく臨機応変にシウヴィーーニョやマルケスが下がったりして、オフェンスに転じる時はシャビが右サイドバックの位置まで下がってボールを散らそうとしていましたが、この中途半端な布陣の採用のため相変わらずマドリーに左サイドをいいように使われます。グティが前半以上に左でゲームメークするのを止める事が出来なくなっていました。

マルケスのアホなクリアミス等もあり、マドリーはこうして幾度となくチャンスを迎えますが、シュートミスやヴァルデスのパラドンによってラモスのヘディング以外ゴールを挙げられず。
ニステルのバセリーナを手を上に上げて防いだのは見事でしたね。
去年のクラシコではロナウドとの1対1で早く倒れすぎてバセリーナを喰らっただけに、ちょっと成長を感じました。

ずっと思うのですが、イグアインって決定力が大分足らなくないですか?
ニステルへのスルーパスとか、グティからのパスいいタッチで相手をいなしてシュートまで持っていこうとしたシーンとかいいとこもあったけれど、純粋にFWとしての得点能力をもう少し磨きをかけてほしいところです。


ベレッチを入れていつもの4バックに戻すと、マドリーもさほど攻めれなくなり、バルサが押し気味に。
終了間際にメッシのハットトリックとなるゴールが生まれます。

その直前のシーン。イグアインが右、ロビーニョが左にいて、確か2対2みたいな状況で、イグアインがロビーニョにパスを試みて失敗し、カウンターにつなげられたわけですが、時間が時間だっただけに、右でボールをキープしたまま時間を潰すとか、無理せず後ろに下げるとかいう選択肢もあったと思うんですよね。
この辺もちょっと若いなぁとか思ってしまいました。

カンプ・ノウで負けなかった事はポジティブと言えばポジティブですが、首位に接近する絶好のチャンスを逃した感は否めませんね。
これで勝てないとしばらくカンプ・ノウで勝てない気もします。

ま、セビージャがポルティージョのゴールで敗戦ということで、まだ運は尽きていないようなので、あきらめてほしくないと思います。

ちなみに次節はそのポルティージョのいるヒムナスティック。
恩返しをされないように…