やったーーー!!!!やったーーー!!!

ワタクシ、今興奮しております。
今大会で間違いなく一番の気持ちの高鳴り。




右のprofileにも書くぐらい応援しまくってるポルトガルと、今大会多いに睡眠時間を無駄にしてくれた、キックアンドラッシュで私の好みに何一つ合わんイングランド。

当然のごとく最初からポルトガル応援です。
非国民でごめんなさい。
正直、日本戦なんかより全然感情が入ってました。

前半はほぼ5分だったと思う。
両チームとも慎重で、チャンスはほとんど偶発的なものであった気がした。
イングランドも、ルーニーが1トップであるせいかロングボールがあまり機能しない。
ポルトガルも珍しくロングボールをちょこちょこ使っていた。
これまたパウレタというストライカーの特性上機能せず。

後半、やはりキーはルーニーの退場。
あの押し方的にはそこまでではないような気がするので。比較的ファールやカードを流していた今日の審判を考えると、かなり罵詈雑言吐いたんじゃないかと。

これがイングランド引きこもりDQNfootball発動の契機。まぁしょうがないんだろうけれど、クラウチを変えた相手が調子の良かったJ.コールを下げたあたりがエリクソンのチキンさっぷりをあらわしてるかなぁと。
私的にはハーグリーブスを変えて、だったんだけど。だって退場してからの数分を見る限り試合を決めにいこうとしてましたよね?

ポルトガルもシモン、ヴィアナ、ポスチガを投入。フィーゴも動きまくって疲れていたので交代。今日はクリスティアーノのほうがちょっとよかったかも…怪我の影響も感じさせなかったし。

延長はポルトガル攻撃、イングランド守備の構図はもちろん変わらないけれど、レノンが絡んだときはイングランドも少し可能性を感じさせ焦った。あれでクロスの精度がもっとよければね。

んで最後の方、そのレノンを変えてキャラガー。またですか…。。。どんだけチキンなんだと。


PK戦。リカルドが神だった。彼が蹴るのもすこし見たかったけれど、本業でがんばったということで。

あーヤバい。ブラジル戦が始まりそうだ。とりあえずここらで一旦ブレイクを。